心理学者が教える、頑固な男性を「仕事でスムーズに納得させる」伝え方のコツ2つ



男性は小さな頃から、化学の実験をしたり、植物や生物の観察をしたりするのが大好きです。セミの脱皮を何時間も観察していても飽きないという女の子は少ないと思うのですが、男の子はそういうことに苦痛を感じません。

大人になってからも、男性は科学が好きですし、科学の万能性を信じています。

米国ミネソタ州にあるセント・メアリーズ大学のマイケル・トランキーナが米国の国勢調査(1972年から1990年までに実施されたもの)を分析してみると、「科学の万能性を信じる」と答えた男性は48.3%、女性は39.6%という結果になりました。男性のほうが、科学を信じているのですね。

ビジネスシーンで男性を相手に話すときは、たとえ同じ内容をプレゼンするにしても、相手が女性であるとき以上に科学の裏づけを重視し、そこに比重を置くようにするとスムーズに進むことが多いでしょう。

■説得に効く枕ことば3つ

「『ネイチャー』に発表された論文によりますと……」
「○○大学医学部で明らかにされたデータなのですが……」
「○○研究所の○○博士が言っているように……」

男性を説得する必要があるときには、こんな感じで切り出してみてください。水戸黄門の印籠を出されたときの悪代官のように、いきなり「ハハァ〜」と頭を下げて受け入れてくれる人もいるはずです。

関連記事(外部サイト)