「竹島に上陸してみた」…韓国国民の領土に対する気概に日本は完全敗北していた

「竹島に上陸してみた」…韓国国民の領土に対する気概に日本は完全敗北していた

竹島にて - 写真=筆者提供

■韓国経由でしか竹島には行けない

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるが、これは真理である。私は8年前右翼だった。周囲の保守系言論人は皆、韓国を徹頭徹尾批判し、韓国警備兵による竹島「不法占拠」をけしからんと言ってはばからなかった。しかし竹島に行ったことのある人間は一人もいなかった。天文学者がベテルギウスや木星に行くことができず、その研究を望遠鏡や探査機の写真に頼るのは致し方ない。しかし竹島は行政区分上島根県で、行こうと思えば割と簡単に行くことができる。だから私は、韓国の竹島占拠を批判する分際で、竹島に行かないのは物書きとして大変不誠実だと考え、2012年に竹島上陸を挙行した。

竹島への航路は、島根県の隠岐群島から海を泳いでいけば何とかならないこともないが、超人でない限り現実的には不可能である。どうしても韓国側からのアプローチが必要である。要するにパスポートを持って韓国側から竹島に上陸するほかに道はない。外務省はこの行為を、「竹島の韓国主権を追認する行為になるので渡航は控えて」と注意しているが、あくまで要請であって強制力はなく、韓国側から日本の民間人が竹島に上陸したとしても罰則はない。

■韓国警察の取り調べを受ける

竹島上陸ルートは実に単純である。まず釜山(プサン)まで行き、竹島への海上定期便が発着する日本海の孤島・鬱陵島への2ルートいずれかを採る。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)