万全を期して営業再開! 「3大クラスター」の経営者を直撃

万全を期して営業再開! 「3大クラスター」の経営者を直撃

ゴールドジムは1995年7月に日本第1号店をオープンして以来、現在93店舗(フランチャイズを含む)と順調に店舗を拡大してきた。 - 撮影=遠藤成

日本経済に大打撃を与えている新型コロナだが、どこよりも早く経営のピンチを迎えたのが、最初にクラスターとして大々的に報じられた屋形船、スポーツジム、ライブハウスだ。危機的状況に経営者は何を考え、どう判断したのか。■コロナ騒ぎに追い討ちをかけた米国本社の破産宣告

「倒産を意識しました」と語るのは「ゴールドジム」を運営するTHINKフィットネスの手塚栄司社長だ。

2月の半ばの愛知県名古屋市に続き、千葉県市川市のスポーツジムでクラスターが発生したことで、筋トレの聖地と呼ばれるゴールドジムも打撃を受けた。休会、脱会者が相次ぎ、4月の緊急事態宣言による休業要請で、売り上げがほぼゼロとなった。

しかも、緊急事態宣言の延長が発表された5月4日、アメリカでゴールドジムを運営するGGIホールディングスが破産宣告をしたというニュースが追い討ちをかけた。

「世界中に約700店舗あるゴールドジムの大半はフランチャイズ契約。うちも資本関係はありませんから破産申告の影響は全くないのですが、金融機関や取引先からは大丈夫ですか? と問い合わせがきました」

売り上げはなくても、毎月の家賃・人件費といった固定費はかかる。「大変なときだから、と家賃を値下げしてくれる大家さんもいれば、一切応じてくれないところも。さまざまでした」

2カ月で約15億円の赤字。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)