マスク拒否おじさんに「お願い」を重ねるだけの日本式対応はもう限界だ

マスク拒否おじさんに「お願い」を重ねるだけの日本式対応はもう限界だ

駐機する格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの機体の尾翼=2020年6月5日、関西国際空港 - 写真=時事通信フォト

マスクの着用を促されたことから口論に発展し、運航の安全を妨げるとして乗客が飛行機から降ろされたトラブルが波紋を広げている。在英ジャーナリストのさかいもとみ氏は「諸外国の乗客が利用する航空業界で、『お願いベース』で着用を求めることは今後難しくなるだろう」と指摘する――。■トラブルを回避する方法はあったのか

9月7日、北海道の釧路空港から関西空港に向かっていた格安航空(LCC)ピーチ・アビエーションの機内で、新型コロナウイルスの感染対策としてマスクをつけるよう求められた男性が、着用を拒否したことをめぐり、他の搭乗客や乗務員と口論になった。同機の機長は新潟空港での緊急着陸を選択、当該男性は機外へ出されることとなった。

ピーチ社はじめ、大手の日本航空や全日空の公式HPにも「機内ではマスクを必ずご着用ください」と比較的強い表現で書かれている。しかし、これはあくまでも「要請」であり、この点を発端に大きな騒動へと発展した。

果たしてこのようなトラブルは「起こるべくして起こったのか」、それとも「回避する方法」はあったのか。

現在の日本での法整備の状況を、諸外国との比較を通して分析してみることにした。

■「マスク未着用」を理由に拘束する法律はない

今回の「ピーチ機、新潟空港への緊急着陸」に際して、あのような「一連の行為」に対し、法的取り締まりが可能になる局面があったとしたらいつだったのだろうか?

日本の現状では、チェックインカウンター→出発ゲート→搭乗までの段階で、マスク未着用行為そのものを取り締まる法律はない。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)