地方選で自民党の苦戦が続く コロナの影響で若者が選挙に関心を持ったことが要因か

記事まとめ

  • 自民党は山形知事選で敗れ、岐阜知事選は分裂選挙となり野田聖子氏が県連会長を辞任
  • 新型コロナ感染の第1波の頃、地方選は「自民系現職が圧倒的に有利」と見られていた
  • しかし、若者が選挙に関心を持つようになったことで自民党が苦戦しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております