イギリスの呆れたコロナ対応「『家族以外』『野外』のセックスは禁止」

イギリスの呆れたコロナ対応「『家族以外』『野外』のセックスは禁止」

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/xijian

なぜ欧米では新型コロナウイルスの感染爆発の収束が遅かったのか。イギリス在住で著述家の谷本真由美氏は「イギリス人は3密を守るつもりがなく、マスクも着用しない。さらに、自粛を国民に呼びかけた有識者がロックダウン中に不倫相手と密会もしていた。その結果、『家族以外』『野外』のセックスまで禁止になった」という??。※本稿は、谷本真由美『世界のニュースを日本人は何も知らない2 未曽有の危機の大狂乱』(ワニブックス)の一部を再編集したものです。

■イギリスではどこへ行っても、密、密、密

6月になってもイギリスでは死者が1日に200名近くというひどい状態でしたが、5月11日以降、ロックダウンが段階的に緩和されはじめたため、市民の間では、新型コロナはもはや消滅したというような扱いになっていました。

5月8日の欧州戦勝記念日は75周年記念だったこともあり、ルールを無視しまくって路上でパーティーを開いたり、バーベキューをやったりする人が続出。我が家の近所でも、路上でのパーティーをめぐって口論が起きました。パーティーをやっている人たちからすれば、「いったい何が悪いんだ!」ということなのでしょう。

富裕層はスコットランドやイギリス南部にある別荘に出かけて、バカンス気分で休暇を楽しみはじめました。そのなかにはベッカム夫妻や有名シェフ、さらにはスコットランド政府で新型コロナ対策を指揮する最高責任者もいました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)