なぜ、山陰地方の人は自己主張をはっきりしない傾向にあるのか

なぜ、山陰地方の人は自己主張をはっきりしない傾向にあるのか

鳥取大学医学部附属病院脳神経外科の黒ア雅道教授(写真左)。「手術しておわりではない。人とのつながりに支えられている」(撮影=中村治)

人間の性格には、脳内の異変が関わっているという。鳥取大学医学部附属病院精神科の兼子幸一教授は「山陰地方の人は自己主張をはっきりしない傾向にある。育って来た来歴は脳と心に大きく関わる」という――。※本稿は、鳥取大学医学部附属病院広報誌『カニジル 6杯目』の一部を再編集したものです。

■老いと結びつけると、脳の異変を見逃す危険性

手術灯が医師の手元を照らしている。全身をシートで包まれた患者が手術台に横たわる。全身麻酔により既に意識はない。2人の医師が頭蓋骨を開くために穴を開ける作業が始まった。

ドリル音が室内に響く。

手術台の脇には30インチほどのモニターが設置されている。カメラで撮影した脳内のある部位を映し出すのだ。

これから覚醒下手術が行なわれる。覚醒下手術とは、手術中に患者を起こして意識がある状態で行なう特殊な手術だ。

患者は2時間後に覚醒する予定だという。全部で8時間ほどかかる大手術だ。

全身麻酔をした患者を手術中にわざわざ起こすとは、一体どういうことなのだろう。

私たちは前日にとりだい病院(鳥取大学医学部附属病院)脳神経外科の黒ア雅道教授に手術のあらましを聞いていた。黒ア教授によると、脳腫瘍(のうしゅよう)は、腫瘍が脳のどの部分にあるかによって、術後に起こり得る合併症が異なる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)