小林よしのり、山尾志桜里、倉持麟太郎が「権力を縛るための立憲的改憲」を大議論!

小林よしのり、山尾志桜里、倉持麟太郎が「権力を縛るための立憲的改憲」を大議論!

山尾氏と倉持氏「改憲」議論

小林よしのり、山尾志桜里、倉持麟太郎が「権力を縛るための立憲的改憲」を大議論!

「日本には立憲的改憲が必要だ」と一致する倉持麟太郎氏(左)、山尾志桜里流儀院議員(中)、小林よしのり氏

本日、小林よしのり氏の『ゴーマニズム宣言』が23年ぶりに『週刊SPA!』に連載として復活した。そして、小林氏が今、注力しているのが安倍政権による憲法改正への抵抗だ。「集団的自衛権」を容認する自民党の改憲案に反対し、「個別的自衛権」を憲法に明記するべきと主張する小林氏は、立憲民主党の山尾志桜里氏と弁護士の倉持麟太郎氏とともに「立憲的改憲」を訴えている。だが、「立憲的改憲」とは何か? 3人が語る!

◆我々の自由を権力から守るため、侵略戦争をさせないための改憲を!

小林:3月25日の自民党大会では素案の提示のみで、改憲4項目の条文案は示されなかった。そして、今は財務省の文書改ざん問題で揺れていて、果たして安倍政権が改憲の発議をできるのか、という状況にはなっているけどね。ただ大前提として、条文で書いてある憲法と立憲主義のどっちを取りますかという命題があるのよ。政治家も国民も、これがわかっている人が非常に少ない。

 安倍政権は立憲主義を取りませんということになっている。権力は縛らせず、なるべく自分たちの好き勝手やります、と。一方で野党は、ほとんど形骸化してしまった憲法を守ることが第一で、立憲主義なんかどうでもいい。現実にはどんどん破られ、憲法違反され、しかもそれを止められないのに、心のよりどころになるからと死守しようとしている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)