挫折、ひきこもり、旅まわり…41歳“唄うたい”大森洋平が歌を諦めないワケ

挫折、ひきこもり、旅まわり…41歳“唄うたい”大森洋平が歌を諦めないワケ

“歌うことが全て”の男・大森洋平。

大森洋平、41歳。職業は“唄うたい”。19歳の若さでメジャーデビューしながらブレイクできなかった彼は28歳でフリーとなり、現在でも地道に歌い続けている。

 そんな大森洋平が第一線に返り咲くため、6年ぶりにリリースした『強烈なハッピーエンド』は’90年代、日本の街を彩ったJ-POPを彷彿とさせる仕上がりだ。Mr.Childrenのような起伏に富み耳に馴染むメロディーと歌詞を、ASKAのように骨太に歌いあげるスタイルが印象深い。

 なぜ大森洋平は今になって再起を図るのか。その影には彼が新しく手に入れた家族の存在と昔馴染みたちの支えがあった。

◆フリーの唄うたいは肉体労働者

――19歳でデビューした大森さんですが、メジャーアーティストとしての活動は思うようにいかなかったそうですね。

大森洋平(以下、大森):自分としては会心の出来だった曲もまったくヒットしなくて、それまでの自信は完全に打ち砕かれました。絶対売れるという自信があって“浜松Japan Open’95”でもグランプリを獲りメジャーデビューしましたが、現実は厳しかった。20代のときの苦悩って、働かないで酒を飲んでても、周りの奴よりいい暮らしができたことなんです。当時の音楽業界は1998年にCDの売上がピークを迎えることからも分かるように、業界に体力があった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)