ビーチバレーの魅力は美人アスリートを間近で堪能できるだけではない

ビーチバレーの魅力は美人アスリートを間近で堪能できるだけではない

水着に入った企業名まで読める近さ!

今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第62回〜

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

 今回訪れましたのはビーチバレーです。バレーボールと言えば、日本は「東洋の魔女」などの栄光の歴史を持ち、お家芸として人気も高い競技です。東京五輪では有明アリーナという新会場を建て、バレーボールを盛り立てていく構え。見たいことは見たいけれど、きっと競争率も激しいんだろうなぁ……と、そこで浮上するのがビーチバレーです。

 ビーチバレーについて、そういうものがあることは知っているけれど、見たことはないという人がほとんどでしょう。そして、よくよく考えると持っている知識が「浅尾美和」だけという人も多いことでしょう。水着目当てのオジサンでにぎわっている可能性もありますが、少なくともインドアの6人制バレーボールよりは空いているでしょう。いつもより「穴場」という響きもちょっとイヤらしくなりますが、ビーチバレーの穴場感をチェックしておかなくては。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)