若者に大麻がブーム。気軽に手を出す理由とは?

若者に大麻がブーム。気軽に手を出す理由とは?

大阪市内で押収された大麻草。簡単に大麻が手に入る状況を食い止めるには、流出元を取り締まることが鍵になる

昨年1年間の大麻事件の摘発者が過去最多の3000人を超えた。警察庁の意識調査によれば、摘発者のうち大麻に危険性があると答えたのはわずかに約3割。カジュアルな気持ちで大麻に手を出してしまう若者たちに、かつて大麻に手を出していたオジサン世代まで手を焼いているようだ。

◆繁華街のキャッチ経由や匿名アプリで手軽に入手

 5月22日、大麻リキッドなどを所持していたとして、人気ラッパー・UZIに懲役3年、執行猶予5年の判決が下されたことが話題となった。そんななか、昨年の大麻事犯による検挙人員は、過去最高の3008人を記録した。

 データを見ると若年層で大麻がブームになっていることがよくわかる。人口10万人あたりの検挙人数を見ると、20〜29歳では’14年の5.0人から’17年は9.4人と約2倍。20歳未満に至っては1.1人から4.1人と約4倍にも跳ね上がっている。なぜ、大麻を手にする若者が急増したのか? 理由のひとつは、価格の安さだ。

「1g6000円〜1万円程度で、5gから買えることが多い。僕が買い始めたのは、2年くらい前で、1年で50万円は使いました」

 そう語るのは、都内のPR会社で働く木田信夫さん(仮名・25歳)。

「昔は危険ドラッグをやってたんです。でも、最近の危険ドラッグはまったく効かないか死ぬほど効くかのどちらか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)