W杯、日本戦は「3−0だ!」 コロンビアサポーターが怪気炎、赤の広場はお祭り騒ぎ

W杯、日本戦は「3−0だ!」 コロンビアサポーターが怪気炎、赤の広場はお祭り騒ぎ

どのサポーターよりも元気がいい、コロンビア人

14日から始まった、サッカーロシアワールドカップ。世界最大の祭典がロシアの10都市、11のスタジアムで開催されている。

 16日(日本時間)には優勝候補の一角、ポルトガルとスペインが初戦でぶつかり、3-3の死闘を繰り広げたり、昨日は初出場のアイスランドが優勝候補アルゼンチンと引き分け歴史的な勝ち点1を挙げたりと早くも素晴らしい戦いが繰り広げられている。

 前回’14年のブラジル大会に続いて、現地取材を敢行する記者。初めてのロシアリポートを日本代表のグループリーグ3戦に帯同しつつ、現地の情報をお送りします。

◆モスクワの盛り上がりは?

 昨日、成田からの直行便、乗客の約6割が青いユニフォームを纏った日本人サポーターとともに、モスクワに降り立った記者。モスクワの空港に着くや、各国のサポーターやそれを歓迎する装飾に否応がなしにテンションが上がる。

 モスクワの中心部、ボリショイ劇場の近くに宿を取った記者は、荷をほどくと、徒歩圏内である「赤の広場」へと出かけた。

 テレビなどでお馴染みの巨大な広場は、人人人……。そのほとんどがユニフォームを着て、観戦者全員が携帯を義務付けられている「FANID」を首から下げている人たちだ。モスクワではこの日、アルゼンチンとアイスランドの試合があったので、アルゼンチンのユニフォームを着た人が目立つ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)