結婚神話崩壊で変化するオジサンたちの「恋愛観」

結婚神話崩壊で変化するオジサンたちの「恋愛観」

結婚神話崩壊で変化するオジサンたちの「恋愛観」の画像

バブル経済に沸いた40代男性=オジサンと、デフレ不況を粛々と生きる今のオジサン。実際はどちらが幸せなのだろうか。さまざまなデータを基に、この30年間で中年男がどう変化したのか追った。

◆結婚神話崩壊でオジサンは自由に飛べるのか

「モテることが男の本懐」と思われたバブル時代から、40代で独身男性4割の現代。今、大きな過渡期を迎える40代男性の恋愛・結婚観の変遷を追う。

<’80年代の中年男>

バブル時代を謳歌するオジサン。家庭を支えながら火遊びに大忙し

 バブルに浮かれた’80年代後半に、時代の恩恵を受けた当時の40代男たち。社会学者の筒井淳也氏は、彼らの結婚観をこう分析する。

「’80年代当時の40代男性の婚姻率は90.18%。大半は既婚者でした。’86年施行の男女雇用機会均等法前に就職した世代ゆえ女性の専業主婦率も高く、家計は夫一人で支えるのが一般的。ただ、5〜6人育てるのが当然だった前の世代より、扶養する子供の人数も少なく、家計や気持ちにも余裕はあったのでは」

 カネもあり、勢いもある当時の40代が不倫に夢中になるのは必然だと、男女の恋愛関係を取材するルポライターの亀山早苗氏は語る。

「社会のお金があり余っていたこの時代、女子大生ブームに押され、普通の女のコが自分の体に価値を見いだしました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)