クールビズに最適な「ポロシャツ」とは?

クールビズに最適な「ポロシャツ」とは?

写真左からStyle2、3、1の順

◆一目置かれるクールビズにはワケがある

 今回は多くの人が迷いがちな夏のクールビズについて解説しましょう。クールビズの大前提は「崩さないこと」です。

「色を使いすぎない」「サイズはジャストサイズに合わせる」「袖は親指の先から9cmの位置に調整する」「パンツのクッションはつけすぎない」など、スーツの世界は明確な正解が定められています。クールビズは、そんな正解を「あえて」崩す存在です。

 暑苦しい夏に快適に仕事ができるのは確かにメリットですが、ファッション的には愚策極まりないクールビズ。わざわざネクタイを外したり、ジャケットを脱がせたり、ポロシャツを使ったり、スニーカーを履かせたりと、どうしても画竜点睛を欠く着こなしになりがち。だからこそクールビズをかっこよく見せるには、「正解」であるスーツ本来の着こなしになるべく近づけることが肝要です。

◆最適なポロシャツを選ぶポイント

 例えば、ポロシャツは「台襟」があるものを選びましょう。Style1〜3まで今回、使っているものはすべて台襟があるタイプです。台襟とは襟を支える土台部分のこと。通常、ビジネスシャツには100%付いているパーツですが、カジュアル用のポロシャツには付いていません。台襟がないと襟が寝てしまい、Tシャツのような印象になってしまいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)