米国からの輸入牛肉にガンのリスクも 大手牛丼チェーンは米国産牛肉を使用

記事まとめ

  • 2016年の牛肉の国内供給量は850万tで、そのうち約4割が米国からの輸入牛肉である
  • 米国産牛肉にはホルモン依存性がんのリスクが潜むと、ジャーナリストは警鐘を鳴らす
  • スーパーの米国産牛肉を調べると、国産牛に比べ赤身の女性ホルモンは600倍だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております