頑張るサラリーマンほど、55歳を境に社内の“鼻つまみもの”になりやすい!?

頑張るサラリーマンほど、55歳を境に社内の“鼻つまみもの”になりやすい!?

頑張るサラリーマンほど、55歳を境に社内の“鼻つまみもの”になりやすい!?の画像

年金の支給開始年齢の引き上げをにらんで、サラリーマンの定年が60歳から65歳へと引き上げられる過渡期にある現在。しかし、ほんの30年ほど前までは「55歳定年」が主流だった。そんな「55歳」というボーダーラインは、今日では見えざる壁となって現役サラリーマンの前に立ちふさがっている。例えば、サラリーマンは55歳を超えると会社から“戦力外”扱いされるという話もあり、実際SPA!で55〜60歳の男性にアンケートを行ったところ(回答者数3018人)、58.9%が「55歳を境に人生が“下り坂”になった」と回答していのだ。

◆“55歳の壁”に潰されるサラリーマンたち

 55歳の壁を境に年収に劣らぬダメージをくうのが“メンタル”だ。

「役職定年によって権限を奪われたことで、仕事へのモチベーションを失い、抜け殻のようになってしまう人は少なくない。一応“部付き部長”とか“担当部長”とかいって肩書だけは担保されるのが一般的ですが、内実はヒラですから余計プライドが傷つくんです。役職定年とは、能力に関係なく『その年齢になったら全員が卒業』という制度なので、バリバリ頑張っていた人ほど落ち込みが激しいですね」(ジャーナリストの溝上憲文氏)

 バリバリ頑張るタイプの場合、役職定年後は一転して、社内の“鼻つまみもの”になるケースも。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)