ツイッター偽アカウント削除で、フォロワー激減におびえる人たち

打撃を受けているのは個人だけではない。

「これまで“インフルエンサーマーケティング”なる言葉が注目されてきました。宣伝や広告的な価値を見出した企業・団体も多く、フォロワー数の多さによって単価が変わり、実際に1つの投稿でウン十万円のお金が動くケースもあったようです。なかには、単価を釣り上げるために事務所側がマネージメントの一環で所属タレントのフォロワーを買っていることも……。しかし、今回の件でその薄っぺらい影響力や内情が露呈しつつありますね」

 モデルやアイドルだけではなく、政党アカウントのフォロワー数も若干ではあるが減ったと指摘されている。フォロワーがごっそりと減った人のなかには、ネット上で突っ込まれ、苦しい言い訳に終始したり、アカウント自体を削除してしまった人も散見されるが……なかには「フォロワーを買うなんてけしからん!」と叫んでいた識者のフォロワー数が大幅に減った事例もあるというから、闇はどこまでも深い。<取材・文/森原ドンタコス>

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)