発達障害の当事者が考えた「弱者のための仕事術」

発達障害の当事者が考えた「弱者のための仕事術」

発達障害の当事者が考えた「弱者のための仕事術」の画像

かつては未成年の問題だと思われてきた発達障害が、「大人の問題」として急速に認知され始めている。メディアでの露出も増え、自分や周りの人間に対して「実はそうなのかも」と思った人もいるのではないか。果たして「大人の発達障害」を抱える社会人たちの現状とはどんなものなのか。発達障害の当事者が見つけた「仕事術」に迫る。

◆発達障害の当事者が考えた究極の「弱者のための仕事術」

 話題の一冊、『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』は、当事者でもある著者・借金玉氏が、自身の経験をもとに身につけたライフハック術を記したものだ。自称“日本一意識が低い自己啓発書”を書き上げるまでには、多大な苦労があったと語る。

「大学時代にADHDの診断を受けるも、持ち前の面接力の高さで大手金融機関に入社できました。でも、新人に与えられる誰でもできる雑務の時点で、発達障害特有の“仕事の全体像が見えないと手をつけられない”という症状が災いし、明らかに出遅れてしまった。おまけに人間関係が壊滅的になり、2年も持たず職場を敗走しました」

 その後、出資金をかき集め起業するも失敗。30歳の節目に無職、多額の借り入れを抱えたこともあり「借金玉」を名乗り始めた。

「ジョブズなど偉人たちも発達障害だという噂があり、自分にも“特別な才能がある”と信じた節がありました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)