地下鉄サリン事件は防げた!? 猪瀬直樹が語る日本のセキュリティ

地下鉄サリン事件は防げた!? 猪瀬直樹が語る日本のセキュリティ

サティアンのプラント施設。スクープによってオウムは大量のサリンを廃棄したが、警察は結局教団の暴走を防げなかった

麻原彰晃こと松本智津夫。地下鉄サリン事件などを引き起こしたオウム真理教を率いた彼は、今年7月6日に東京拘置所で死刑を執行され、63年の生涯を閉じた。この未曽有のテロを起こした麻原は当時40歳になったばかり。師に従って死刑判決を受けた弟子たちも、多くが30代。教団発足から11年での破滅劇だった。彼らは日本に何を残したのか。オウムと対峙し続けてきた、勇気ある識者たちに聞いた。

◆米兵が守る“ディズニーランド”に暮らす日本人は変われない

 教団による犯罪が明るみに出る前の’91年、漫画『ラストニュース』(画:弘兼憲史)にオウム真理教を彷彿とさせる宗教団体が登場した――。予言的な原作を手掛けた作家の猪瀬直樹氏は、オウム後の日本のセキュリティをどう見るのか。

 まず着目したのは、’95年元日、「サリン残留物を検出」と見出しを打った読売新聞のスクープ記事だ。前年に松本サリン事件が発生しており、教団の施設がある山梨県上九一色村で猛毒のサリンが山梨県警と長野県警の合同捜査によって検出されたことで、オウムの関与が浮上した。

「両県警はこのときようやく協働したようで、坂本弁護士事件を捜査する神奈川県警と、目黒公証役場事務長拉致事件を担当する警視庁が連携した形跡は見えない……。『広域重要指定事件』という言葉が示すように、警察には所轄という縄張りがあり、広域指定なしに合同捜査はまず行われない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)