他人に「認められたい」から出発するとうまくいかない

他人に「認められたい」から出発するとうまくいかない

他人に「認められたい」から出発するとうまくいかないの画像

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第63回

 思ったことを記録していく「気づきのメモ」を続けていると、本当に自分が望んでいることがわかるようになってきます。「自分の望みに本当も嘘もあるのか」と思うかもしれませんが、最近話題の「承認欲求」は嘘の欲求の典型です。

 たとえば流行りのアイスを写真に撮るだけで食べずに捨てたりすると、当然他人の顰蹙(ひんしゅく)を買います。これは「人に認められたい」という欲求と矛盾しています。食欲は健康を維持するためにありますが、美食や過食、過度のアルコールに走るとかえって健康を害します。このような本来の目的から遠ざかるような欲求は嘘、まがい物、イミテーションと評して差し支えないでしょう。

 承認欲求は、ツイッターやインスタグラムといったSNSで自分をただ見せびらかす人たちを指摘して使われるようになりました。しかしだからといってSNSによって生まれた新たな欲求、というわけではありません。もともとあった欲求がSNSによって、目に見えて指摘できる形に表面化しただけです。

 ですから「自分はSNSで自慢したりしないから大丈夫」と安心するのは早計です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)