松井珠理奈への思いも…恒例の美浜海遊祭でみせたSKE48の今

松井珠理奈への思いも…恒例の美浜海遊祭でみせたSKE48の今

松井珠理奈への思いも…恒例の美浜海遊祭でみせたSKE48の今の画像

SKE48が8月6日、愛知県知多郡美浜町の小野浦海水浴場前特設ステージで行われた「美浜海遊祭2018 SKE48 SPECIAL LIVE SHOW」(東海テレビ主催)に6年連続で出演した。参加メンバーは59人(松井珠理奈、山内鈴蘭は欠席、日高優月はEN3曲目のみ)だった。

 初回以降、来場客数は右肩上がり。今年は前年より100人プラスの4300人だった。抽選に当たった無料招待客2000人が観覧できるだけでなく、客席後方の堤防からでも十分に観覧できることから、「美浜は当たってなくても行く」というファンは多い。終演後の規制退場とも無縁ですぐに帰路につけることから、最初から「堤防組」を選択する人もいるようで、この一団が年々膨れ上がり、動員数を増やしている。

 コンサートは年初に発売されたシングル曲「無意識の色」で開幕。「意外にマンゴー」「夏よ、急げ!」「アイシテラブル!」と夏曲が続き、爽快にスタートを切った。最初のMCでキャプテンの斉藤真木子は「今年もSKE48の美浜ライブが始まりました。たくさんの皆さんが足を運んでくれて本当に嬉しいです。ありがとうございます」とファンに御礼。「すごい倍率を勝ち取ってきてくださった」(応募総数1万5950通)ことに感謝、その「ラッキーボーイ、ラッキーガールたちを今日は幸せな世界に連れて行く」とロマンチックに宣言すると会場から歓声が上がった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)