年齢は関係ない…丸山ゴンザレスがニューヨークで感じた“成功する人の特徴”

年齢は関係ない…丸山ゴンザレスがニューヨークで感じた“成功する人の特徴”

年齢は関係ない…丸山ゴンザレスがニューヨークで感じた“成功する人の特徴”の画像

ニューヨークと聞いて何を思い浮かべるだろうか。最先端のビジネスや語学留学、ファッション、アート、音楽。そして、夢や希望。若者たちにとって“憧れの街”であることは言うまでもない。一方で、一般的に30代以上のおじさん世代となれば、夢や希望に対して何かと理由をつけて諦めがちだ。

 そんな中、30代を過ぎてからは年に数回ニューヨークを訪れるようになったのが、新刊『GONZALES IN NEW YORK』(イースト・プレス刊)を上梓した“危険地帯ジャーナリスト”の丸山ゴンザレス氏だ。

 1977年生まれの40歳。アジアやアフリカなどの危ない場所ばかり取材している印象の強いゴンザレス氏だが、なぜニューヨークをテーマに選んだのだろうか。そこには挑戦をやめない、等身大の姿があった――。

◆どんなに笑われようと今だと思った

「ニューヨークに来ると苦い記憶を思い出します」

 いまでこそテレビ番組「クレイジージャーニー」に出演し、様々な著書を発表しているゴンザレス氏だが、暗黒時代もあったという。考古学者を目指していた学生時代。身を立てるには長く険しい道程があり、就職氷河期が追い打ちをかけた。大学院を卒業後、行き場を無くした。20代の頃は、日雇いバイトやブラック企業、歌舞伎町の風俗ビルで怪しげな仕事にも手を出した。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)