音ゲーマニアがカジノで荒稼ぎ!? ギャンブル化が進む世界のeスポーツ事情

音ゲーマニアがカジノで荒稼ぎ!? ギャンブル化が進む世界のeスポーツ事情

カジノ研究家の木曽崇氏(左)とぱちんこジャーナリストのPOKKA吉田氏(右)。ギャンブル界のご意見番のお2人が言いたい放題で業界をぶった斬る!

POKKA吉田氏&木曽崇のギャンブル放談<1>

 ぱちんこジャーナリスト・POKKA吉田氏とカジノ研究家の木曽崇氏がギャンブルをキーワードに言いたい放題しゃべりまくり、斬りまくる『POKKA吉田氏&木曽崇のギャンブル放談』。今回は記念すべきその連載第1回。お2人がズバリ斬り込んだのは、最近何かと話題のeスポーツだった。

──アジア版オリンピックとも呼ばれるアジア競技大会が、8月18日からインドネシアのジャカルタで開催されています。ゲーム対戦競技「eスポーツ」が、今回から初めて公開競技(エキシビジョン)に採用されましたし、2022年に中国の杭州で行われるアジア大会では、いよいよ正式種目に採用される予定です。ギャンブル業界に詳しいお2人としては、この動きをどう見ていますか?

POKKA吉田:というと、あのヒゲの副会長・浜村弘一さんでおなじみの、JeSU(日本eスポーツ連合)の話になるやろうね。あそこをさんざん叩いてる木曽さんは、裏から相当な圧力をかけられているそうで。

木曽崇:いえいえ、僕はむしろJeSUの成り立ちについては、ポジティブに見てるんですよ。もともと国内では主に3つのeスポーツ関連団体が主導権争いをしていたんですが、eスポーツがアジア大会のエキシビジョン競技になったし、ゆくゆくはオリンピック競技にもしたいという思惑から、2018年2月に統一を果たしたんです。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)