“パリピ感あふれる自転車競技”BMXは東京五輪の穴場か?

“パリピ感あふれる自転車競技”BMXは東京五輪の穴場か?

観覧車と重なって、まるで映画『E.T.』の一場面のような瞬間も

〜今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第64回〜

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

 東京五輪へ向けて現地観戦ができそうな穴場競技を探している本連載ですが、穴場のなかにもイイ穴場とそれほどでもない穴場というのがあります。どうせ見るなら少しでも五輪でなじみがある競技が見たいし、「少しでもラクに観戦できるものがいい」のは自然な気持ちです。

◆五輪競技で不遇に見舞われる自転車競技

 そんななか、穴場としてはじょじょに雲行きがアヤしくなっているのが自転車競技。自転車競技は日本での注目度はさほどでもありませんので、基本的には穴場っぽい競技です。本番では「日本発祥のケイリン種目も楽しみです!」みたいなことを紹介番組で連呼するのでしょうが、競輪が好きな人は五輪期間中であろうが競輪場にいるわけで、現地観戦にも期待が持てるだろうと思ってしまうわけです。

 しかし、この東京五輪に関して言うと、自転車競技は大変な不遇に見舞われています。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)