デスマッチ界のカリスマからの挑戦を受ける竹田誠志「この試合が正念場。俺は2番煎じじゃない」

デスマッチ界のカリスマからの挑戦を受ける竹田誠志「この試合が正念場。俺は2番煎じじゃない」

デスマッチ界のカリスマからの挑戦を受ける竹田誠志「この試合が正念場。俺は2番煎じじゃない」の画像

8月28日、「葛西純プロデュース興行 東京デスマッチカーニバル2018 〜Crazy monkey 20th anniversary〜」(東京・後楽園ホール)のメインで、竹田誠志は葛西純と対戦する。現在、竹田はKING of FREEDOM WORLD王座(FREEDOM)とBJWデスマッチシングルヘビー級王座(大日本プロレス)という2つの団体のベルトを保持。構図としてはデスマッチ界のカリスマである葛西が、自身の自主興行で若きチャンピオンに挑むというかたちだ。だが、迎え撃つ立場の竹田は「この試合は正念場」と悲壮な覚悟を覗かせる。

「プロレスのキャリアは11年になるけど、ずっと足踏みしていた気がします。結局、何をやっても“葛西の二番煎じ”と言われてしまうので。正直、そのことが悔しかったです。どんなに過激なデスマッチをやっても、“葛西はもっと強烈だった”。マキシマム ザ ホルモンさんの曲で入場するようになれば、“あぁ、葛西はロックが好きだからね”。11年かけてようやくチャンピオンになっても、まだそういったファンの視線は変わっていない。“どうすればいいんだよ!?”って、ずっと試行錯誤していました」

 ファンが竹田を「葛西の弟分」と見なすのも致し方ない部分はある。これまで両者は節目ごとに試合を行ってきただけでなく、タッグを組んだことも何度かあった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)