365日がプロレス記念日! 『プロレスきょうは何の日?』著者・鈴木健.txtインタビュー

365日がプロレス記念日! 『プロレスきょうは何の日?』著者・鈴木健.txtインタビュー

鈴木健.txt氏

ある日の我が家の食卓。「お母さんの誕生日(4月4日)、アントニオ猪木が引退した日だよ!」。興奮する娘に母は、「へえ……」とにべもない返事をした。なんだよ、もっと食いついてくれよ、あの猪木が引退した日なんだよ!?

 そんな私の憤りはさておき、私がなぜアントニオ猪木が引退した日を知ったかと言うと、『プロレスきょうは何の日?』(鈴木健.txt/河出書房新社)を読んだからだ。その日、プロレス界でなにが起きたのか、365日分が掲載されている。例えばこの記事を執筆している8月20日(ハッテンニーゼロ)は、IWAジャパン『真夏の夜の悪夢』デスマッチトーナメントが開催された日と書かれている。

 毎日、「今日は何があった日だろう?」とページをめくるもよし、家族や友人に「あなたの誕生日はこういうことがあった日だよ」と伝えて盛り上がるもよし、過去を振り返ることでプロレスの勉強をするもよし。いろいろな楽しみ方ができる奥深い本だ。

 執筆したのは、プロレス実況と解説でもお馴染み、元週刊プロレス記者の鈴木健.txt氏。業界歴30年の集大成である本書の制作秘話を聞いた。

――本書を読んで、私にとっての「○.○」はいつかと考えたとき、三沢光晴さんが亡くなられた6.13だなと思いました。鈴木さんにとってはいつですか。

鈴木健.txt(以下、鈴木):学生時代に第1次UWFのラストマッチとなった9.11後楽園を見にいっているんです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)