“ファミレス呑み”ならサワー1杯100円強。最強コスパ店3選を杉作J太郎がオススメ

“ファミレス呑み”ならサワー1杯100円強。最強コスパ店3選を杉作J太郎がオススメ

“ファミレス呑み”ならサワー1杯100円強。最強コスパ店3選を杉作J太郎がオススメの画像

かつては安く呑む時の力強い味方だった「和民」や「白木屋」などの大手チェーン居酒屋。しかし近年は若者たちの間で安くて美味しい立ち飲み屋や大衆居酒屋で呑むのが定番化したことで、客足が遠のき苦戦を強いられている。またファストフードやファミレスなどでのちょい呑みも定番化したことで、大手チェーン居酒屋の凋落は加速度を増した。

◆焼酎+ドリンクバーを実践してきた杉作J太郎

 だが、そんな世の中の流れとは関係なく、吉野家がちょい呑みブームの火付け役として2016年に「吉呑み」を始めた遥か昔から、“ファミレス呑み”を実践していた猛者がいる。漫画家、ライター、タレント、俳優、映画監督、ラッパーなど、多方面でマルチに活躍する男の墓場プロダクション代表の杉作J太郎氏だ。

「ファミレスで飲むことが市民権を得る前から、焼酎のボトルとドリンクバーを注文して、いろんな割り方を楽しむという飲み方をしていました。後輩を引き連れて、人目なんて気にせず呑んでましたねー。正直、他の客が僕たちと同じように呑んでいる姿を見たら、『あいつ大丈夫か?』って目で見てましたけど」

◆「ジョナサン」は499円でサワー4杯いける

 ちょい呑みが一般化すると、ファミレス側も呑み助に向けたメニューやサービスを提供するようになる。そんな中で、ちょい呑みブームの前から一貫して杉作氏が推奨するのが「ジョナサン」だ

「焼酎のミニボトル(180ml)とドリンクバーがセットになって499円(税抜)ですからね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)