eスポーツがオリンピック正式種目になれないこれだけの理由

eスポーツがオリンピック正式種目になれないこれだけの理由

公開競技ながら、日本代表として参加したゲーマーたちもいたのだが……

POKKA吉田氏&木曽崇のギャンブル放談<2>

 ぱちんこジャーナリスト・POKKA吉田氏とカジノ研究家の木曽崇氏がギャンブルをキーワードに言いたい放題しゃべりまくり、斬りまくる『POKKA吉田氏&木曽崇のギャンブル放談』。今回は前号に引き続きアジア大会でも公開競技となり、オリンピック種目を目指すeスポーツ界の裏側にズバリ斬り込んでもらいました。次回大会で正式種目化とされていたeスポーツですが、何やら雲行きがあやしくなってきたようで……

◆著作権と放映権ビジネスの間で揺れるeスポーツ

──前回の冒頭でも軽く触れましたが、eスポーツは4年後のアジア競技大会では正式種目に採用されることが決まっています。そうすると、2020年の東京オリンピックや、その次のパリオリンピックでも採用される可能性があるんでしょうか?

木曽崇:アジア競技大会の表向きの様子を見ていると、全部がポジティブに動いているように思ってしまいがちなんですけど、アジア競技大会を管理しているOCA(アジアオリンピック評議会)とIOC(国際オリンピック委員会)にはそもそも温度差があります。IOCは7月21日に「eスポーツとオリンピックの今後」をテーマにした公開討論会を開いてまして、僕が想像していたよりもかなりネガティブな厳しい意見が多かったです。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)