Fラン大学生の間で流行する裏のカネ稼ぎ。将来を不安視して…

Fラン大学生の間で流行する裏のカネ稼ぎ。将来を不安視して…

条例で客引き行為は禁止されているが…

「ここ5〜6年、裏社会の現場で大学生の姿を見る機会が増えてきている」

 ノンフィクション作家の草下シンヤ氏がそう話す。『裏のハローワーク』など、裏社会に関する書籍を多く発表している草下氏は現在、「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の漫画『ハスリンボーイ』(小学館)の原作を担当。 “ハスリン”とは非合法な商売で稼ぐことを意味する。作中では主人公である大学生のタモツが、奨学金返済のため違法な道具屋として池袋の裏社会で働く様子が描かれているが、フィクションとはいえ、実際に多くの取材に基づいているそうだ。

 いま大学生(若者)の間で裏稼業が流行しているとはどういうことなのか。草下氏に話を伺った。

◆Fラン大学生が将来を不安視、裏社会に希望を見出す

「大学生は裏稼業においてバレにくい(職質されにくい)という特権があり、裏社会の人間が利用しようとするんです」

 一般的に大学生といえば、一人暮らしを始めたり、サークルや飲み会、旅行など遊びの機会が増えたりする。当然、お金が必要となってくる。そんなときに近寄ってくるのが裏社会の人間たちだ。とはいえ、大学生が普通のアルバイトではなく、裏稼業にまで手を出してしまう背景にはなにがあるのだろうか。

「裏社会にいる大学生はいわゆるFラン大学の人間が多い。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)