国産高級車の代名詞「クラウン」史上もっとも売れたのは何代目?

国産高級車の代名詞「クラウン」史上もっとも売れたのは何代目?

クラウンらしいクラウンといえば。この8代目。5ナンバーでこのデザインを実現している。グリルインフォグは先代から特徴の一つとなっている

クラウンが大好きな腕時計投資家の斉藤由貴生です。

 新しいクラウンが登場しましたが、私は古いクラウンも大好きです。新型クラウンはとても魅力的だと思うのですが、過去のクラウンを見るとより一層クラウンの面白さを感じることができるかもしれません。

 クラウンに限らず、世の中では「新しいモノ」に注目することが多いですが、インターネットで過去のアーカイブを見ることができる今の時代、昔のモノに注目することで「一番良かった時代」を知ることもできるかもしれません。

 ということで今回は、歴代クラウン史上もっとも売れた「8代目(130系)」を紹介したいと思います。

◆史上もっとも売れた8代目クラウンを徹底解剖!

 1987年に登場した8代目クラウンは、3ナンバーが贅沢品だった最後の時代のクラウン。前期と後期では3ナンバーのグレード展開が違うという特徴があります。8代目以前のクラウンにおいて、3ナンバー車は最高グレードを意味する存在で、他のクラウンとは異なりバンパーが長いという特徴がありました。これはクラウンに限らず、この時代は高級車でも5ナンバーサイズに収めるのが普通だったため、そのような傾向だったといえます。

 8代目クラウンではそういった3ナンバー車をさらに進化させ、それまでバンパーのみにととどまっていた差をボディにまで発展させ、3ナンバー専用の「ワイドボデー」としたのです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)