NGT48研究生21人、お披露目ライブでわかった期待度

NGT48研究生21人、お披露目ライブでわかった期待度

NGT48研究生21人、お披露目ライブでわかった期待度の画像

新潟を拠点に活動するNGT48が9月2日、「NGT48研究生お披露目ライブ〜お待たせしました! 私たちも新潟の女です!〜」を万代シティパークで開催した。参加したのは、今年1月の「第3回AKB48グループドラフト会議」で指名を受けたドラフト3期生5名と、4月にNGT48の2期生として加入した16名の計21名。2期生はイベント初参加ということで、会場には約1300人のファンが詰めかけた。

 多くの声援が会場に響くなか、お披露目ライブがスタート。NGT48を象徴する朱鷺カラーの衣装に身を包んだ研究生たちが勢いよくステージに登場し、「会いたかった」「NGT48」を披露。

 パフォーマンス中は勢い余ってメンバー同士がぶつかってしまう場面もあったが、観客を笑顔で盛りあげる研究生らしさが溢れていた。楽曲が終わり、見守り役として登場した荻野由佳や加藤美南ら1期生も「初々しくていいね〜!」と、興奮を隠せない様子。研究生のキャッチフレーズ初披露となった自己紹介コーナーでは、自分の名前やチャームポイントにかけたキャッチフレーズで各メンバーがアピール。そんななか、「大抵のことは生活に支障はなーい! ステージ上では化学反応を起こしたい!」という不思議なフレーズを披露した渡邉歩咲に注目が集まる。すると、「彼女のエピソードが1つありまして」と山田野絵が切り出し、「前にチームNVの公演を見学しに来てくれた時に貧血で倒れちゃって。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)