38歳女性の婚活がうまくいかない理由 相手のスペックにこだわりすぎて…

38歳女性の婚活がうまくいかない理由 相手のスペックにこだわりすぎて…

38歳女性の婚活がうまくいかない理由 相手のスペックにこだわりすぎて…の画像

こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

 婚活をしているみなさんは結婚相手を見つけるために何を基準にしていますか? 今回は結婚した先に訪れる困難やトラブルを、ともに乗り越えていける関係性を築くことができるお相手選びのヒントをお伝えさせていただきます。

 友人の紹介などでは、事前にはあまりわからない相手のスペック。紹介なら気にならないのに、なぜネット婚活や結婚相談所では気にしてしまうのでしょうか?

 まったく接点のないお二人同士をご紹介する上で、紹介者としても年齢や年収などは、ご紹介をしていく際に必要な情報ではあります。また、価値観が近い人同士のほうが生活をしていく上でもうまくいくことが多いこともあり、家柄や育ってきた教育環境などを基準とすることもあります。

 そのため、活動する婚活当事者も年収や年齢、身長や肩書などプロフィールから会うお相手を探そうとしてしまいがちです。プロフィールにとにかくこだわりが強い方も多く、以前、お会いした女性は「絶対に士業の方がいいんです」とおっしゃっていました。

◆「コンプレックスを埋める相手」を探すとうまくいかない

 消防士、警察官、弁護士などの士業がいいと言っていた斎藤みちるさん(38歳・仮名)は、岡山県に住む女性。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)