「やられた。財布が、ない!」――世界23か国、2年と8か月も続けた「世界一周花嫁探しの旅」をやめる理由

「やられた。財布が、ない!」――世界23か国、2年と8か月も続けた「世界一周花嫁探しの旅」をやめる理由

アンマンの女の子 とてもフレンドリーな娘が多い

2015年10月から始まった46歳のバツイチおじさんによるノンフィクション巨編「世界一周花嫁探しの旅」ですが、著者の意向によりまもなく完結を迎えようとしています。前回、砂漠のど真ん中で水も持たず遭難してしまったバツイチおじさん。果たしてどのようにしてこの窮地を抜け出したのか? そして、なぜこの旅をやめることにしたのか? 世界23か国にまたがって繰り広げた恋するズンドコ中年の自分探しの旅、今回は最終章第2話をお届けします!

【第43話 さよなら、バツイチおじさん・中篇】

砂漠のど真ん中で一人。逃げ込める建物もなければ水もない。バスもクルマも通らず、助けが来る気配がないまま2時間が経過。俺はそこに横たわり、自分の運命を受け入れようとしました。

その時です。一台の乗用車が走ってきました。初めは幻を見ているように感じました。しかし、幻ではありません。俺はなんとか起き上がり全身で身振り手振りをしました。

「ヘルプミー!ヘルプミー!」

魂で叫びました。

「頼むから俺に気づいてくれ!」

車は止まってくれました。50代くらいの白いムスリムの宗教服を着たおじさんがアラビア語で話しかけてきました。何を言ってるのか全然わかりません。英語と日本語で状況を説明すると、車に乗せてくれくれました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)