日本市場を牽引する中長期向けの株とは!? アナリストと投資家を直撃

日本市場を牽引する中長期向けの株とは!? アナリストと投資家を直撃

日本株のみならず、世界の金融商品に精通する向後はるみ氏。9月からオンラインサロン「Investers Lab 〜インベスターズラボ〜」主宰

株式投資で財を成すには、今ならどんな銘柄を選ぶべきなのか。ラジオNIKKEI『実践!投資の女神 注目銘柄分析』でパーソナリティを務め、国内外の株式投資に造詣の深い向後はるみ氏はこう語る。

「現在、私が触手を伸ばしているのは外国株で、インドネシアやマレーシアなどこれから発展が見込める国のインフラ系企業を中心に投資しています。日本国内においても同じ目線での投資が有効で、“ニッポンのこれから”を第一に考えるべき。中長期目線で腰を据えて握れる株を今回はピックアップしました」

 その筆頭格として挙がったのが、化粧品事業を展開するアイスタイル。8月3日に発表した2018年6月期通期業績は、従来予想から売上高では+7%、営業利益は+6.3%、経常利益は+13%、親会社株主に帰属する当期純利は+3%と、売上高・利益ともに計画を上ブレて着地した。

「日本のコスメ市場を席巻している会社で、プラットフォームも会員の囲い込みもできていて、この分野では一強といっていい存在。そんなガリバーがアジア展開を見据えて先手も打っています。日本製のコスメは品質もデザインも中国や台湾でウケるでしょうから、伸びしろは大きいでしょうね。19年6月期については減益予想としていますが、これはプラットフォームへの投資や組織体制の強化を行うという前向きな費用によるもの。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)