小橋建太がまさかのダメ出し?「オブライトという名前はやめたほうがいい」――小橋建太の青春おすそわけ#28<橋本千紘vol.2>

小橋建太がまさかのダメ出し?「オブライトという名前はやめたほうがいい」――小橋建太の青春おすそわけ#28<橋本千紘vol.2>

小橋建太&橋本千紘

2015年11月12日、後楽園ホールにて行われた「センダイガールズvsスターダム対抗戦」。第一試合に出場した橋本千紘は、観客の度肝を抜いた。158cmと小柄だが、筋肉隆々。日大レスリング部出身だけあって、レスリングがとにかく上手い。かと言って、技術に頼ることはしない。デビュー1ヶ月にして、華やかな“魅せる”プロレスをやってのけた。彼女のジャーマン・スープレックスは、本当に美しかった。

 あれから2年9ヶ月。センダイガールズワールドチャンピオンシップ王者に4度輝き、いまもベルトを保持している。これからの女子プロレス界を背負って立つ逸材に、“鉄人”小橋建太がエールを送る。

――レスリングからプロレスに転向したとき、すんなり入れましたか。

橋本:はい、すごくすんなり入れました。

小橋:それだけプロレスが好きだったからだよね。

――レスリングをやっているときも、プロレス的な見せ方をしたりとか?

橋本:それはよく言われました。キレイに受けたりとか、見られるのが好きとか。

小橋:見られるの、好きなの?

橋本:はい。人に見られながらスパーリングとかするのが好きですね。

小橋:それはいいことだよ。プロレスラーは、見られてナンボだから。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)