全身ユニクロは危険。ZARA、GU、どう使い分けるのが賢いか?

全身ユニクロは危険。ZARA、GU、どう使い分けるのが賢いか?

シンプルな服ならユニクロが一番

メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第194回目をよろしくお願いします。

 統計によると、個人が所有する洋服の量は10年前と比較して数倍にまで増えているそうです。その原因はもちろんファストファッション。服の価格破壊が進み、今では極上のデニムも1枚2000円程度で購入できるほど。10年前ならば考えられないほどデフレが進みました。多くの人がそんなファストファッションの恩恵を受けているかと思います。

 ユニクロ、GU、ZARA、H&Mと国内外ファストファッションブランドが乱立していますが……どのブランドがどんな特徴があるか、あなたは把握していますか?

 今回はファストファッションの特徴マップをお届けします。実は明確な違いがある各ブランド、「これを買うならココ」と分かっていれば無駄な時間とお金を費やさずに済みます。ぜひご参考ください。

◆極上の定番品ならユニクロ一強。ただし「全身ユニクロ」は危険

 国内を代表するファストファッションブランドならやっぱりユニクロ一強。2018年現在、世界ランキング3位を誇るユニクロの特徴は「素材」にあります。

 高級ブランドが採用するデニム「カイハラ」、高級コットン「スーピマ」、希少素材である「カシミア」、アウトドアメーカーでさえ値段を落とせなかった「シームレスダウン」など素材に徹底的にこだわり、極上品を低価格でラインナップできているのが、ほかのブランドにないユニクロだけの魅力です。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)