大人の男は黒、紺、グレー以外のカラーパンツをどう履けばいい?

大人の男は黒、紺、グレー以外のカラーパンツをどう履けばいい?

WEARより

【モードをリアルに着る!オム Vol.17/小林直子】

 例えば休日のショッピングセンターで、男性が何色のパンツをはいているか眺めてみると、黒、グレー、ネイビー、たまにカーキといった感じです。また、平日の通勤時の電車の中、男性が何色のトラウザーズをはいているか見てみると、黒かグレー、ネイビーがほとんどのようです。男性は大人になると、誰もが皆、同じような色のパンツやトラウザーズを選ぶようになります。それはもはや自動的な選択で、なんの疑いもないのかもしれません。しかし、実際にはメンズ用のパンツにもさまざまなカラーバリエーションがあります。

 2018年秋冬のイザベルマランのメンズコレクションの中には、今までカラーパンツを選んでこなかった男性にも気軽にはけそうな、スタイリングの提案がありました。

 グレーのフラノのチェスターコートにゼブラ柄のセーター、彩度の低い赤のコットンパンツに、ダークレッドのスカーフのこのルックは、カラーパンツといえども、かなり彩度が低いので、これまでグレーやネイビーのズボンしかはいてこなかった男性でも、気軽に試してみることができるでしょう。

 このルックの最大のポイントは色の組み合わせです。グレーのコートに呼応するように、すべてのアイテムをグレーイッシュで統一。すべての色に少しだけ黒を混ぜることによってできる調和と穏やかさが、男性が色ものを選ぶハードルを低くするとともに、新鮮でおしゃれな感じを醸し出しています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)