出会って3か月で薬物依存になったカップルは更正できるのか?<薬物裁判556日傍聴記>

出会って3か月で薬物依存になったカップルは更正できるのか?<薬物裁判556日傍聴記>

斉藤総一さん

身に覚えのない家宅捜査をきっかけに、薬物裁判を556日傍聴し、その法廷劇の全文を書き取ったという斉藤総一さん。556日も裁判の傍聴に通い続けるようになり、それだけでなく、彼は文字通りその法廷劇のやりとり全文を書き取ってきた。今回紹介するのは、前回紹介した裁判の被告女性の交際相手である。男女の関係性に覚せい剤はどう作用するのか? そのリアルを伝える法廷だ。

※プライバシー保護の観点から固有名詞や住所などはすべて変更しております。

 前回紹介した裁判は、覚せい剤を摂取し不審な言動をとっていた女性を心配して自宅を訪ねた女性の姉が、覚せい剤と注射器を見つけて警察に通報したというケースでした。今回の被告は、その女の交際相手の村上正和(55歳)。

「公訴事実。被告人は法廷の除外事由がないのに、平成28年4月下旬頃から同年5月9日までの間に、東京都内または、その周辺において覚せい剤であるフェニルメチルアミノプロパン、またはその塩類若干量を自己の身体に摂取し、もって覚せい剤を使用したものである。罪名および罰条、覚せい剤取締法違反、同法第41条の3第1項1号19条。」(検察・起訴状)

 今回も覚せい剤の使用ですが、村上が使用した場所は「都内または、その周辺」と非常に漠然としており、この起訴状からは人間性、人柄、そういったものはわかりません。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)