「大切なのは体重よりも血糖値」糖質制限の達人が明かすダイエットの本質とは?

「大切なのは体重よりも血糖値」糖質制限の達人が明かすダイエットの本質とは?

フリースタイルリブレを二の腕に装着した金森氏。2週間ほど血糖値のリアルタイム測定が可能となる

ビジネスプロデューサーとして多くの事業を手がけ、最近ではふるさと納税の達人としても話題の金森重樹氏。彼が今、熱心に取り組んでいるのが糖質制限ダイエットだ。「糖質主体の食事は今すぐやめるべき」と説く金森氏による短期集中連載第二回目は、血糖値を測定する最新ガジェットが登場。金森氏が自ら実践する糖質制限ダイエットの核心に迫る。

 身長168センチで体重は90キロ弱……誰がどうみても肥満だった僕がわずか2か月間で約30キロ減量した経緯については、前回の連載でお話しました。歯科医院の経営に携わっていた関係で、糖質を摂らないことでの口腔環境の改善について、実験を自分でやってみたんです。

 糖質を摂らず、葉物野菜、そして動物性タンパク質や脂質だけで生活すると、歯にどんな影響をもたらすのか? これが知りたくて自ら実験台を買って出たのですが、糖を排除することで口腔環境が劇的に改善されることが証明できたし、気づけば肥満まで解消されていました。吹き出物は消えて肌のハリは良くなり、気力もみなぎってきた。

 すっかり健康体になった僕は、気づくわけです。それまで当たり前のように食べてきた「糖質」こそ、諸悪の根源ではないかーーと。

◆そもそも糖質は主食ではなかった

 30キロもの減量に、アンチエイジング効果。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)