スウェットでもダサいおっさんにならない着方3つの鉄則

スウェットでもダサいおっさんにならない着方3つの鉄則

写真左からStyle 2、1、3

実は今年、スウェットアイテムが大変多いんです。ユニクロやGUなどもスウェット素材の新作デザインをたくさんリリースしており、プチトレンドとなっています。野暮ったいリラックスアイテムのイメージがあるスウェットですが、着こなし方次第で極上のおしゃれアイテムにも変化します。今回はコンビニ着じゃない「正しいスウェットの活用法」をお教えしましょう。

◆シルエットを細みに整える

 まずStyle1、パーカーにデニムといったド定番のスタイルですが、コンビニ着とは言えないほど整っているかと思います。その理由の一つはシルエットです。同じようなパーカーとデニムでもルーズなシルエットか、スッキリとしたタイトシルエットかで印象に雲泥の差が出ます。

 ただ「シルエット」と言われても何をどう選べばいいのか難しいと思いますので、そこでまずは手首足首を露出するようにしてみてください。袖をまくって手首を出し、デニムは丈直しで。くるぶしを出してあげる。手首と足首は体の中で最も細い2箇所です。ここを露出することでルーズな形のものでもスッキリと細身に見せることができます。

 またデニムにパーカーの場合、小物はドレスライクなレザーバッグやレザーシューズなどをチョイスするといいでしょう。カジュアルな印象が減り、街着のおしゃれに相応しいフォーマル感が自然と出るはずです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)