SKE48が劇場公演デビュー10周年! 若手の成長が見えた特別公演前半戦レポート

SKE48が劇場公演デビュー10周年! 若手の成長が見えた特別公演前半戦レポート

SKE48が劇場公演デビュー10周年! 若手の成長が見えた特別公演前半戦レポートの画像

AKB48初の姉妹グループとして、名古屋・栄を拠点とするSKE48。彼女たちがはじめて劇場公演を行なったのは、’08年10月5日のこと。つまり’18年10月5日で、丸10年を迎える。

 そこでSKE48劇場では、10日4・5日の2日間かけて10周年記念特別公演を開催。4日は“前編”と称して、’18年から’14年までをさかのぼり、活動を振り、メンバーたちが、1年ごとに主な活動と楽曲を披露していく。

 矢作有紀奈・後藤楽々を除く全員で挑んだ“前夜祭”(ただし松井珠理奈と一色嶺奈は本編に出演せずアンコールから参加)。内山命による気合十分の影アナを経て開演時間になると、小畑優奈をセンターに据えた「無意識の色」、センター・須田亜香里の大人なパフォーマンスが映えた「いきなりパンチライン」と、’18年のSKE48代表する2曲で幕が開いた。MCをはさみ、「いきなりパンチライン」のカップリングに収録された各チーム曲、研究生曲、Passion For You選抜の楽曲が続いた。研究生の楽曲「例のポテトチップス」は、発表当時研究生だったメンバーで披露。卒業が相次いだため4人少ない6人での披露とはなったが、全員が昇格を果たしただけあって、舞台の余白を感じさせない元気あるパフォーマンスを見せた。

 ちなみに、あいだのMCでは’18年にSKE48内で起こった出来事を語り合う場面が。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)