“姉妹の七光り”芸能人たちの明暗。有村架純の姉、安部なつみの妹…

“姉妹の七光り”芸能人たちの明暗。有村架純の姉、安部なつみの妹…

2003年に発売された麻美の1stシングル『理由』のCDジャケット。安倍なつみに似ているが、また独特の魅力があるとして話題を集めた

元AKB48の板野友美(27歳)の妹が、9月18日に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)にて、売れるために「成美」から「板野成美」へ改名していたことを明かした。

 板野友美は第1回、第2回AKB48選抜総選挙で上位7名に入った“元祖神7”のひとりであり、アイドルファンならずとも知名度の高い存在。そんな板野友美の妹だった板野成美(23歳)は、当初は姉の力を借りずにがんばろうという意気込みだったのだろう。これまでは板野姓を伏せて活動していたわけだが、現在、成美は仕事のオファーが激減しており、窮地を脱するための苦肉の策として“姉妹の七光り”をアテにしたようだ。

 そこで今回は板野成美のように(本人の意思の有無はともかく)有名芸能人の“姉妹の七光り”がウリになっている芸能人を紹介していこう。

◆有村藍里…有村架純の姉

 NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』主演や、昨年末の『NHK紅白歌合戦』で司会を務めた国民的女優・有村架純(25歳)の姉と言えば、有村藍里(28歳)だ。

 グラビアアイドルとして活躍する藍里は、以前「新井ゆうこ」名義で活動しており、グングンと人気と知名度を上げていった妹に迷惑をかけたくないと、“有村架純の姉”であることは公表していなかった。しかし、スポーツ誌に有村架純の姉であると報道されてしまったことをきっかけに、2017年3月に本名の有村藍里として再スタートしたのである。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)