「ミニスカポリス」はまだ活動してた!美脚の18代目を直撃インタビュー

「ミニスカポリス」はまだ活動してた!美脚の18代目を直撃インタビュー

荻野美央ポリス(左)、矢野みきポリス(中央)、日向ひなポリス(右)

思春期に“お世話になった”深夜番組に、『出動!ミニスカポリス』(テレビ東京系)をあげる男性読者も多いことであろう。「時にはパンチ!時にはキック!タイホしちゃうぞ!」を決めゼリフに、ミニスカ制服姿のアイドルたちがちょっとエッチなゲームに挑み、あの脚線美、あのパンチラに大いに興奮させられたものだ。

 さとう珠緒(初代)、来栖あつこ(5代目)、住谷杏奈(12代目)など後の人気女性タレントも多く輩出し、グラビアアイドルの登竜門的な番組でもあった。1996年7月に放送が開始され、2003年9月に惜しまれつつ番組は終了。あれから年月は経っているが……。実は現在も地下アイドル“18代目ミニスカポリス”として盛んに活動していたのだ! 現在の活動状況について、メンバーの矢野みきポリス、荻野美央ポリス、日向ひなポリスにインタビューを行った!

◆加入をママに告げたら、心配されちゃいました(笑)

――18代目まで続いていたのは驚きました。

矢野ポリス:初代〜10代目までは地上波、以降はBS、GYAOと番組を続けながら13代目で一旦終了。そして09年に運営が代わり復活してからは、秋葉原を拠点にした“歌って踊れるアイドル”として14代目がはじまりました。私たちの18代目の活動が始まったのが昨年11月からです。

日向ポリス:ライブに出ると「まだやってたの!?」というお客さん結構多いんですよ(笑)。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)