閉店間際のパチンコ遊タイム狙いは本当に得か? 記者が実戦してみた

閉店間際のパチンコ遊タイム狙いは本当に得か? 記者が実戦してみた

写真はイメージ

◆閉店間際の遊タイム、あなたならこの台打ちますか?

 遊タイムが浸透し、昼間にふらっとパチンコ屋に行っても、なかなかオイシイ台を見つけることができなくなりました。朝一の遊タイム狙いも半年前と比べると争奪戦が激化。今となっては朝一の抽選より、夜に行って、次の日の朝一に狙われる台の先取りをした方が勝率は高いかもしれません。また、閉店後にラムクリアを行う店が増えたこともあり、夜のハイエナの方が確実に期待値を上げることができるでしょう。

◆「閉店時間」を相手に戦う覚悟を持つ

 ただそうなったときに、新たな敵である「閉店時間」との戦いをしなければならない局面がやってきます。通常時の回転数の消化時間をしっかり逆算し、それと同時に確変取り切れるかどうかの問題もあるわけで。これは相当ハイレベルな戦いです。この勝負に敗れるものがいるからこそ、今も数台は朝一に遊タイム直前の台が拾えるわけですからね。

 そこで今回は、私セールス森田が実際に経験した、閉店時間との戦いをした遊タイム記を紹介します。

◆ケース1『 P 真・北斗無双3』
閉店まで残り1時間20分 遊タイムまで残り220回転

 これはとても悩みました。時間を気にしない期待値ならば、ボーダー通り回って12000円ほどの期待値があります。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)