親世代が娘に「見せたい/見せたくない」懐かしの恋愛ドラマランキング

親世代が娘に「見せたい/見せたくない」懐かしの恋愛ドラマランキング

『101回目のプロポーズ』

9月中旬から関東ローカルで14年ぶりに再放送された『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。携帯電話のなかった時代の恋愛ドラマ。連絡が取れずにすれちがうシーンなどが「逆に新鮮!」なのかどうか定かではないが、放映当時は生まれてなかった女子高生たちにも人気だという。女子高生を娘に持つ親としては、自分が当時熱中したドラマを娘の世代が観ることに隔世の感があるはず。そこで日刊SPA!では、00年までに放映された恋愛ドラマを対象に、「娘に見せたい/見せたくないドラマ」と題したアンケートを敢行。まずは、「娘に見せたい恋愛ドラマTOP10」から。

Q 86年〜00年までに放映された恋愛ドラマのうち娘、今の若い人に見てもらいたいドラマは? (カッコ内は放映された年と主演)

1位 101回目のプロポーズ(1991年 武田鉄矢・浅野温子) 28%

さえない中年男(武田鉄矢)が婚約者を亡くした女性(浅野温子)に再三アタックを繰り返す

2位 東京ラブストーリー(1991年 織田裕二・鈴木保奈美) 27%

奔放に生きる女性(鈴木保奈美)と、彼女に振り回される男(織田裕二)の社内恋愛

3位 男女7人夏物語(1986年 明石家さんま・大竹しのぶ) 19%

アラサーの男女が繰り広げる恋愛ストーリー。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)