キャストが全員精神疾患者の『メンヘルカフェ』が歌舞伎町で一日オープン

キャストが全員精神疾患者の『メンヘルカフェ』が歌舞伎町で一日オープン

記事まとめ

  • “精神科通院中または通院歴”のある女性のみが運営するカフェイベントが開催された
  • 柚咲ましろさんが新宿歌舞伎町のカフェを貸し切り開催、発表時からネットで賛否両論
  • 解離性障害、統合失調症、双極性うつ病、パニック障害などを持つキャストが携わった

働くキャストは全員精神疾患者『メンヘルカフェ』をオープンした理由

働くキャストは全員精神疾患者『メンヘルカフェ』をオープンした理由

左から、CHIKAEさん、主催の柚咲ましろさん、せつなあやめさん、あおいさん

主催者も、働くキャストも“精神科通院中または通院歴”のある女性のみ、そんなカフェイベントが9月30日、新宿歌舞伎町のカフェを貸し切り開催された。主催者である柚咲ましろさんがイベントを発表した時点で、ネット上で賛否両論、批判的な意見も多数寄せられた。彼女はなぜ、このようなイベントを開催しようと考えたのか。イベント当日、柚咲ましろさん本人に話を聞いた。

◆障害者手帳を取得したのがイベント開催のきっかけだった

「小学生ぐらいの頃から“人とは違う”ということを実感していました。授業中に教室の床で寝たり、体育館の天井に挟まったボールを延々と見続けていたり。社会人になり看護師として働き、趣味で“コスプレイヤー”の活動もはじめました。でも、大人になってからの仕事、趣味でも、やっぱり周囲とのギャップをずっと感じていたんです。面と向かって『あんた変だよ!』と言われることも多々あって……。

 そこで去年10月に、検査を受けたらADHD(発達障害)の診断を受けました。さらに二次障害で“双極性障害、パニック障害、摂食障害など”もわかり、今年6月には障害者手帳を取得しました。発達障害とわかったときは妙にスッキリして、だから私は他者と交われなかったんだな、っと(苦笑)。こんな障害を持つ私でも、表舞台には出たいし、チヤホヤされたい。だったら、同じように“心の闇”を抱えている地下アイドル、コスプレイヤーさんを集めてイベントをやろう!と思ったんです」

 当日のキャストが持つ病いは解離性障害、統合失調症、双極性うつ病、パニック障害、摂食障害、自傷癖などさまざま。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)