いろんな人と出会う夜中の25分…オンライン英会話が楽しい――鴻上尚史



 申し込んで、スカイプの画面に現れたのは、リスボンに住む30代のイギリス人女性でした。

 登録している人達は、みんな、英語教師の自覚があるので、ちゃんと話をつないでくれました。なおかつ、会話が終わった後、五段階で生徒が評価しますから、気を抜くこともできないんですね。

 でね、終わってみれば、なんだか楽しいのですよ。

 25分間といえ、イギリス人女性と一対一で喋るなんて経験はなかなかないですからね。

 なおかつ、スカイプですから、みんな自宅でやっているのです。僕は夜中の11時半からでしたが、リスボンは時差で夕方の3時半で、窓から午後の日差しが差し込む室内が背景で、なんだか、いきなりプライベートを見るようでドキドキしました。

 気がつけば、僕ははまっていました。授業料としては、月会費で毎日やれば、一回25分が数百円の計算になります。もちろん、サボって月に一回だけだと、バカ高い25分になります。なんか、スポーツクラブの月会費システムに近いですね。

 毎日は無理ですが、週に何回か、本当にいろんな人と僕は話しています。

 元気がないのでどうしたのと聞くと「三日前にボーイフレンドと別れたの」と突然言い出した女性や「タイに旅行に来て、タイ人と恋に落ちたので今、彼とタイの南の島に住んでるの」と微笑む女性や「生活のために国の世論調査の仕事もしているの。今、『EUから本当に抜けることをどう思う?』というアンケートを取っているの」という中年女性や「夫の仕事のためにコロンビアに来ているの。夫の仕事は〜と説明してくれた女性など、さまざまな人と夜中、25分間出会います。

 これ、なんだか楽しいのです。

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)