豊洲市場グルメを下見してきた。早くも飲食店には行列が…

豊洲市場グルメを下見してきた。早くも飲食店には行列が…

豊洲市場グルメを下見してきた。早くも飲食店には行列が…の画像

10月11日、豊洲市場がオープンを迎えた。様々な問題をはらみながら開場にこぎつけた豊洲市場。初日にも、さっそく電気系統のトラブルなどが報告されているようだ。

 だが、同市場が新しい観光地として注目を集めていることも事実。そこでオープン日の11日、記者が豊洲市場に行ってみて、魅力を伝えようと思う。

 東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)『市場前駅』。この駅が、豊洲市場の最寄駅となる。一般客向けの見学は10月13日(土)から始まるとのこと。ところが観光客とおぼしき方々の姿がチラホラいる。

 豊洲市場の中でも一際目立つ7街区の外観は、オフィスビルのようなスタイリッシュな雰囲気を漂わせている。

◆飲食店街では早くも行列が…かなり楽しそう

 市場観光の醍醐味といえばやはりグルメだろう。そこで飲食店街に行ってみた(飲食店は、5街区1階、6街区水産仲卸売場棟3階、7街区管理施設棟3階にある)。

 築地市場時代から人気のあったとんかつ店『八千代』は、行列ができるほどの繁盛っぷりであった。

 同じく飲食店街に入る寿司店『つきぢ神楽寿司』。新鮮な魚を食べられることもあってか、こちらも店内はほぼ満席だった。飲食店街は棟ごと、階数ごとに点在しているようなので、グルメ巡りも観光の楽しみの一つとなりそうだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)