今井絵理子の交際宣言で振り返る、“略奪婚”した有名人たちの顛末

今井絵理子の交際宣言で振り返る、“略奪婚”した有名人たちの顛末

画像出典:今井絵理子オフィシャルブログ https://ameblo.jp/eriko--imai/

元『SPEED』今井絵理子参院議員(35歳)が2017年に、元神戸市議会議員の橋本健氏(38歳)との不倫関係を週刊新潮(新潮社)に報じられ話題を集めた騒動は、いまだ終結していなかった。

 今月3日発売の週刊新潮(2018年10月11日号)で、今井議員と橋本氏との交際続行が報道され、再度世間を騒がせている。昨年の不倫報道の際、「一線を越えていない」と眉唾な釈明をしていた今井議員。今回の報道に対し自身のブログで、橋本氏との交際を正式に認めたものの、略奪愛はやっぱり否定している。

 たとえ略奪愛から始まった仲でも、当人たちが幸せならばそれでいいと感じるのだが、こういった問題に関して、世間は昨今特に厳しい反応を見せている。だが、実は有名人でもこの方法によって結ばれたカップルたちは意外と多いのだ。そんな有名人たちを振り返ってみた。(年齢は現在)

◆糸井重里と女優・樋口可南子は堂々と不倫宣言

 1980年代にはコピーライターとして飛ぶ鳥を落とす勢いで、2017年には自身が経営する「株式会社 ほぼ日」が上場、幅広い分野で才能を発揮する糸井重里(69歳)。1993年に女優・樋口可南子(59歳)と結婚したが、交際はその10年以上前から。当時妻子のいた糸井と、20代前半で若手女優だった樋口の密会報道から始まっていたのだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)