昔は経営者もヤクザもSクラス! ベンツのフラッグシップの今

昔は経営者もヤクザもSクラス! ベンツのフラッグシップの今

究極のセダン、不動の王者には、ついつい辛口になってしまうのは仕方がありません。Sクラスにはセダン代表として、最後まで生き残ってほしいと思います!

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

◆究極のセダン! 不動の王者! ベンツSクラスが、フルモデルチェンジ

 クルマを運転していて、後ろからが迫ってきたら道を譲って先に行ってもらい、前にいたらいつも以上に車間距離をとる……。そんなただならぬ気配を感じるクルマがベンツSクラスなんですが、究極のセダンも世界的なSUVブームに押され気味。セダン最後の砦としてSクラスには、ずっと不動の王者であり続けることを期待しています!

永福ランプ(清水草一)=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信(流し撮り職人)=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆昔はベンツと言えばこれだった!

 ド庶民のみなさんこんにちは。あなたは「ベンツ」と聞いて、どんな形のクルマを思い浮かべますか? たぶん、次の3つのうちのどれかではないかと思います。

「おっきくて怖い4ドアセダン」
「真四角なジープみたいなヤツ」
「でっかくてオラオラなSUV」

 昔は、ベンツと言えば誰もが「おっきくて怖い4ドアセダン」、つまりSクラスを連想したものです。その威圧感はすさまじく、「Sクラスでうっかり追突したら、当てられたほうが『スイマセン!』って謝って逃げた」という実話もありました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)

×